So-net無料ブログ作成

暗黙のルールっちゅうもんがある。 [徒然]

相変わらずバタバタと何が何やらわからんぐらいにバタバタとしております。
仕事の忙しさは楽しんでいます。やっぱりこの仕事が好きなんだなぁと。
先日のニュースで残業105時間で電通の社員が自殺したという報道がありましたが、
105時間の残業はただ単に時間の問題ではなく、彼女が自分の仕事を楽しんでいた
かどうだかによると思います。自分がやる仕事とやらされる仕事。彼女はまだ新入社員
だったのでおそらく仕事をやらされていた認識だったのでしょう。そして職場のパワハラ。
でも死ぬこたぁない。自分が仕事を任されるように経験を積んだ時、やらされる仕事から
やる仕事になってくる。せっかく希望して電通に入ったのだから死ぬことはなかった。
ですから私は彼女に同情はしない。アホやなぁと思う。(このアホのニュアンスは大阪人
しかわからないと思いますが)。

とにかく忙しさの合間にも私は今週もイベントを楽しんでいました。水曜日は靱本町にある
オーダーメードの洋服屋さんで開かれるサロンに参加。ここではいろいろなサロンが開か
れているそうです。水彩画、書道、ミニコンサートetc・・・。ここで3ヶ月に1回FMCOCOLO・
COCOLOマガジンプレゼンツ「旭堂南陽講談サロン」が開かれます。いつもは講談の
ワークショップと南陽さんの講談で2時間のサロンを楽しみますが、今回は前半30分は
この洋服屋さん「セント・オーディン」のオーナーの永井純さんが、なんと今秋のパリコレに
出展されたのでその土産話で盛り上がりました。(写真は永井さん撮影のパリ)
14523045_1158087084281000_3587533811915328405_n.jpg

そして木曜日は講談塾。今お稽古している演目「大石の東下り」に苦戦。約30分の長尺の上、
東言葉、京言葉、修羅場読みと難題山積み。12月18日に決まった発表会に向け精進します。
そして塾が終わった後、塾の近所のお店で一杯。大衆食堂「そのだ」
14237695_1119713014787809_4358006095081239327_n.jpg

一度チラッと通ったところ、大衆食堂とありながら一杯飲める店と判明。それから4回ほど通った
が、今年5月OPENという事で、味は良いが店自体が熟成していない。店員に無駄な動きが多く、
客自体がまだ熟成していない。まだまだこれからの店なので成長を楽しみたいと思う。

金曜日は一門会。この3日間はフレックスタイムをフル活用。朝6時から仕事をして17時に帰る
パターン。知った演目が4話中3話で少々退屈。講談師の絶対的人数が少ないのでこういう時が
たまにある。しかし旭堂南陵先生の新作創作講談「五大友厚伝の内・川口居留地」を堪能しました。
img00017.jpg

そして一門会の帰りはいつも通り「正宗屋」へ。「そのだ」と違って絶対的居酒屋安定感。
14317482_1127395477352896_8334273413342269678_n.jpg

私は自分のいい居酒屋の絶対的条件として「女性二人連れ客がいない」というのがある。
女性には申し訳ないが、この条件は経験上なので例外の女性ももちろんおられると思う。
しかしこの日、まさにこの条件を象徴するような女性二人組が入店した。金曜日の夜で
店はいつも通りの大盛況。私もやっと空いていた1つの丸椅子にやっと座れた状態。隣の
お客さんに詰めてもらったのを詫びて席に着きやっとビールを一口飲んだ時、片方の隣の
サラリーマン二人連れが帰って代わりに入って来たのが20代後半の女性二人組。相変
わらず狭いので、私と反対側の常連客のオヤジと少々横に詰めた。女性二人は詰めた
事に礼をいう事もなく座り、生ビールとそれぞれ一品ずつ注文。ここから私の怒りが徐々に
沸々と沸き上がってくる。まず来たビールを飲まず、アテも食べずただしゃべっている。
片方の女性が一度連れて来てもらった事があるらしく注文したアテの説明をもう一人に
説明し、私はこんな店も知っているのよの自慢。そして30分追加注文する事もなく、ビールの
泡も遠の昔に消えていました。そんな事客の勝手やないかと思われる方もおられると思い
ますが、社会には暗黙のルールがあります。居酒屋にも暗黙のルールがあります。この店
が暇で次の客がいなかったら100歩譲って目も瞑りましょう。しかし席が空くのを待っている
次のお客さんもいるんです。私は30分ほどで店を出ましたので、その後この女性たちがどのくらい
店にいたかわかりませんが、居酒屋は酒と肴と雰囲気を楽しむ所。おしゃべりをしたいんだったら
行列が出来ているカフェでも行って「このパンケーキ美味しいね」などと言うてたらええねん。
ハッキリ言わしてもらうと、
お前ら場違いなんじゃ~!!

怒りを鎮めるために自粛していたミナミの夜に消えた私です。

本日これにて読み終わりとさせていただきます。

arigatou-ushi-new.gif


P.S.  関西顔ハメ看板普及委員会FB・常任委員の顔ハメ三昧のコーナー!!

P5240921.JPG


nice!(34)  コメント(12) 

nice! 34

コメント 12

yukimin1119

なるほど・・・なんで女性二人連れは・・・なのかが理解できましたわ。(;^ω^)
by yukimin1119 (2016-10-16 15:23) 

NONNONオヤジ

電通のような傍目には超一流の企業にも、内部にはいろいろと
「黒いもの」があるように想像してしまいます。
せやけど彼女もアホやなぁ、何も死なんかて良かったのに……。
そこまでしんどいんなら、辞めて逃げ出してもかまへんかったのに。
by NONNONオヤジ (2016-10-16 20:09) 

まるたろう

普段はこういう居酒屋に入らない自分ですが、
お怒りはよく分かります。
by まるたろう (2016-10-16 21:54) 

ken_jp

どうもぉ〜
ごもっともでスゥ
例外もあるでしょうが、
ここいら辺が
一言で言えばズーズーしぃってことです^ ^
by ken_jp (2016-10-17 06:40) 

YUTAじい

おはようございます。
多少ルール外れないと・・・思ってます。
同級生にも電通マンが(笑)。
by YUTAじい (2016-10-17 08:06) 

ひでほ

たぶん、その彼女は神経症的な部分で精神を病んでいたんだとおもいます。几帳面でまじめな人だと思います。
たぶんそういう素養のあるひとでないとわからないと思います。
小生も仕事が終わらないのが怖くて、始発で出社し最後にかえっていたことがあります。実際列車に飛び込もうかとおもったら、その列車にとびこんだ人がいて、偶然にも同じショルダーバックで、数日ふるえがとまりませんでした。そのときの上司とか、その次の次の上司、同僚のうちの何人かは、いまでも殺してやりたいと思っています。

by ひでほ (2016-10-17 15:48) 

天神堂牛笛

ひでほさんこんばんは。やっぱり関東人のひでほさんには、大阪人の「アホやなぁ」と言う言葉があまり理解されていないようですね。仕事で追い込まれ精神的に追い込まれ、鬱状態でしか自殺などしないという事はわかりきっています。しかし、私があえてアホやなぁと言うのは、なんで?という事なんです。なんで一人で抱え込んだのか?なんで病院に駆け込まなかったのか?なんで会社を辞めなかったのか?etc・・・。私はただただ悔しいだけなんです。それは自分もそんな仕事や病気を経験してきたからこそ。そりゃ今でも殺してたらよかったと思う上司もいましたが、今さら昔の事をグジグジ愚痴ってもしゃーないと思てます。
by 天神堂牛笛 (2016-10-17 18:52) 

kohtyan

大手の会社の中にも、ブラック企業があるんだとわかりました。
早く辞めればよかったのに、残念です。
女性二人連れが、なぜ居酒屋に来たのか、わかりませんね。
おしゃべりするなら、いくらでも適当なお店があるのに、なぜ
繁盛店に入ったのかな、雰囲気を味わいたかったのでしょう。

by kohtyan (2016-10-17 22:46) 

ひろし

まあまあ落ち着いて・・・
って言いながら、新幹線で後ろの席にいた女性の二人が、東京から新大阪まで喋りっぱなしにはぶち切れてしまいましたけどね・・・
by ひろし (2016-10-18 21:37) 

sakamono

あー、おっしゃりたいコトは分かります^^;。
by sakamono (2016-10-20 23:16) 

裏・市長

関西人の発する「アホやなぁ~」。

これ、伝えるのってムズカシイなぁ!。
直接、言葉で話すのなら
まだ分かってもらいやすいかも知れないけれど、
文字にすると受ける印象がまったく変わってくるかも???。

自殺するなんて、実にもったいない。
その会社だけがすべただったのか、
時には逃げる事も必要だったんじゃないか?、
過労死ならまだしも、自分から死を選ぶ・・・。

生きたくても生きられない人間だっているのに。
ホンマにアホやで・・・。

空気の読めない2人組は・・・、
「アホじゃ!!」。

この「アホ」の違い、伝わるかしら?。
by 裏・市長 (2016-10-26 10:50) 

天神堂牛笛

市長、アホのニュアンスはやっぱり関西人にしかわからないのでしょうね。
by 天神堂牛笛 (2016-10-26 20:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント